葉形のいえ【 2011JIA熊本住宅賞選考委員賞 受賞 】
葉形のいえ

計画道路の敷地削減により三角形に近い変形土地が残り、家を再建するのは不可能と思われましたが 斜めの敷地ラインに沿いながら、南側は雁行しながら開き庭を確保しつつも居住空間を成す事ができました。
鋭角部にはロフトへの吹抜けと2層にまたがるコーナー窓を設けることで家のハザマは空へと解放されます。
そして、壁の角を結んだ多角形なラインで屋根を作り、棟を真ん中に設けるとまるで木の葉をかぶせたような守られた居場所となりました。
葉形のいえ


水廻りやトイレ、収納をまとめた片側の壁はモスグリーンの左官壁に覆われています。床は無垢の花梨のフローリングです。
昼の間の内障子は雪見ならぬ空見障子で、上部1/3が下がって隣家を遮りながら空を見ることができます。


葉形のいえ


葉形のいえ


ロフトは低すぎず、もうひとつの部屋としても十分機能します。
朝の間のシステムキッチンは両脇にカウンターを設けることで L=2100タイプでも十分なワークスペースになっています。




D A T A
熊本県熊本市
新築工事/2011
木造2階建
延面積:63.35u(20坪)