しゃらこども園 -幼保連携型認定こども園-
しゃらこども園

『 子どもの感性によりそう居場所をつくる 』

しゃらこども園は、霧島連山の麓にある財部町の中心部に位置する。夏は鹿児島の強い日射が照り、冬には霧島連山から吹く通称「霧島おろし」という寒風にさらされる土地である。ここで幼稚園と保育園を50年運営してきた母体である願成寺は、現代に先駆けて幼保一元化を担ってきたが、老朽化に伴い認定こども園を建設することとなり、これまでの教育を体現する理想的なこども園が命題であった。それには、地域の子育ての核となるシンボル性、幼保連携が実現できる平面計画、厳しい自然環境から室内環境を守る建物性能などが肝要であると考えた。

子どもが1日の大半を過ごす園での生活では、さまざまな場面が毎日繰り広げられている。
それらの活動を支え、幼児期の健やかな心と体を形成するには、 画一的な保育室が機能的に並んだ施設ではなく、子どもが本来持つ 探究心と安心への欲求を受け止める多層的な環境が必要である。

ここではベースルームとしてイエ型の内向きな内部空間をもつ6M×6Mの保育室を多数点在させ、その間に天井高を抑えつつオープンに広がるフリースペースをおいて、身体感覚の違う空間を対峙させている。保育室は主にまとまりが必要な保育の活動や安心を得ながらのくつろいだ時間を担保し、フリースペースでは、活動的な興味やたくさんの友達と集う行為を支えることを想定している。南には深い軒に覆われた、保育室の凸凹になじむ円弧を描くデッキスペースがあり、建具によりフルオープンにすることができる。園庭と能動的に繋ぎながらも、屋根の高断熱化により木陰のような風が通り抜ける保育空間となる。そして、保育室よりさらに小さいイエ型の内部空間を持つ“えほんのへや”も点在させ、自分の世界で本を読むこともできる。
これらの多様性をそのまま外観にあらわし特徴とした。

しゃらこども園

全景

しゃらこども園


しゃらこども園


しゃらこども園

イエ型の内部空間をもつ保育室群とフラットな天井のフリースペースの対峙

しゃらこども園

板張りには地元の材料である飫肥杉が用いられた

しゃらこども園

南側保育室
天井はHPシェル面を形成している

しゃらこども園
しゃらこども園

フリースぺースを“外” 保育室を“内”とした空間構成を補強するアーチの開口

しゃらこども園

左:えほんのへや  右:えほんのへや内部


しゃらこども園

遊戯室 2層分の高さにまで上昇するHPシェル形状の天井 奥まで光が届く

しゃらこども園

0歳保育室
床材は畳とコルク ハイハイの目線でも外を覗ける窓を設けている

しゃらこども園

てつどうライブラリー 
読み聞かせやステージに活躍する場

しゃらこども園

敷地北側は日豊本線に面している 線路を見渡す段上がりのフロアー 時々“ななつ星”が走り抜ける

しゃらこども園


しゃらこども園

園庭で遊ぶ子どもたち
手前はだんだんベンチ



 
D A T A

所在地 鹿児島県曽於市財部町北俣
主要用途 幼保連携型 認定こども園
建主 学校法人明真学園・社会福祉法人しゃら福祉会
設計 建築 : 山下陽子・上田愛沙/ 株式会社u.hアーキテクツ
  構造 : 原田幸一 / 株式会社u.hアーキテクツ
  設備 : 有限会社木村設備設計
監理 株式会社u.hアーキテクツ
施工 建築 : 大淀開発株式会社
    代表取締役 堀之内芳久
    担当 / 木之下誠・谷口真
  電気 : 株式会社 九南
  設備 : 株式会社 アクエアー
写真撮影 八代写真事務所 八代哲弥
期間 基本設計 2013年3月~8月
  実施設計 2013年11月~2014年4月
  施工期間 2014年6月~2015年3月
敷地面積 5006.11u
建築面積 1496.56u
延床面積 本体 1410.85u
  倉庫  21.66u
  合計 1432.51u
構造 鉄骨造 平屋建て 準耐火建築物
最高高 8.890m
外部仕上 屋根 / ガルバリウム鋼板フッ素塗装
  外壁 / レッドシダー羽目板張り
    ジョイントVの上シリコン系塗装
    ALC50d
内部仕上 床 / ヒノキ無垢フローリング
    コルクタイル貼り・リノリウムシート貼り
  壁 / 飫肥杉板張り・木片チップクロスに自然塗料
  天井 / モイスの上飫肥杉目透しシェル張り・EP塗装